煎茶手帖 蝸盧 karo

茶文化

TEA&CHA以外の呼び方をする茶

茶摘み風景

世界の茶の呼び方は、「TEA」と「CHA」の二系統にほぼ分類できますが、実は例外の国や民族も存在します。 世界各国の茶の呼び名|チャとティーの語源 ここでは、チャ・ティー系統以外の呼び方で、茶を呼ぶ国・民族を紹介します。

貸し茶室

東京都内で茶会に使える茶室&レンタルスペース

根津美術館

煎茶道のお茶会やお稽古に、東京都内で借りられる商業施設の「貸し茶室」をまとめました。 美術館や博物館の茶室や、商業施設のレンタルスペースで茶会に利用できそうな施設をピックアップしています。詳細は各施設のホームページでご確 […]

貸し茶室

東京都内で借りられる貸し茶室(公共施設)

六義園_心泉亭

煎茶道のお茶会やお稽古に、東京都内で借りられる公共施設の「貸し茶室」をまとめました。※4畳半のお抹茶用の茶室は除いています。 数千円からと格安で利用できますが、地域活動優先のため貸出条件があります(団体登録、区内在住or […]

煎茶道具・茶器

巾盒・巾合・巾筒

水注

「巾盒」「巾合」(きんごう)、「巾筒」(きんとう)は、茶巾を入れる器のことです。 茶巾は水で濡らした後、固く絞って水気を切ってから収納します。

煎茶道具・茶器

茶托・托子

小判形錫茶托

「茶托」(ちゃたく)は、茶碗の下に敷く受け皿のことです。 煎茶道の流派によっては、「托子」(たくす)「飛閣」「秘閣」(ひかく)「納敬」(のうけい)「盞座」(せんざ)などとも呼びます。

茶文化

世界各国の茶の呼び名|チャとティーの語源

茶の木の新芽

今では、世界各国で飲まれている茶。中国で生まれた喫茶の習慣は、世界各地に広がりました。 どのような経路で伝わったかによって、各地域の茶の呼び名は異なります。 大きく2系統「チャ」(cha)と「テー」(te)のグループがあ […]

茶文化

江戸後期の京焼陶工展@東京国立博物館

朱泥急須(岡田久太、江戸時代19世紀)

東京国立博物館で開催している京焼陶工展「江戸後期の京焼陶工―奥田頴川と門下生を中心に」に行ってきました。 京焼とは「京都で作られた陶磁器」のことで、とても広い意味の言葉なのですが、今回は京焼の陶工・奥田頴川とその門下生を […]