茶文化

茶文化

台湾茶の歴史を今に伝える「新芳春茶行」

新芳春茶行@台湾

新型コロナ・ウィルスで、なかなか遠方で出かけられできない状態が続いています。 そこで、コロナが落ち着いたら行ってみたい、お茶好きにおすすめの場所を紹介します。家でお茶を頂きながら、旅気分を味わって頂けましたら幸いです。

茶文化

チベットとブータンの茶碗|アジアの茶文化

ブータンの漆塗の懐中椀

「ミャンマーの食べるお茶ラペソー」に続いて、アジアの茶文化シリーズの2回目。 今回は、チベットとブータンの茶碗と茶文化について。「漆がつなぐアジアの山々」展より、茶碗から見る遊牧民族の茶文化。

茶文化

ミャンマーの食べるお茶ラペソー|アジアの茶文化

ミャンマーの漬物茶「ラペソー」

先日、「漆がつなぐアジアの山々」という漆の展示イベントに。 中国・ミャンマー・ベトナム・ブータンなど、アジアの漆文化を紹介するもの。漆は英語で「JAPAN」だが、アジア各国で古くから生活に根付いている。様々な漆器が展示さ […]

茶文化

TEA&CHA以外の呼び方をする茶

茶摘み風景

世界の茶の呼び方は、「TEA」と「CHA」の二系統にほぼ分類できますが、実は例外の国や民族も存在します。 世界各国の茶の呼び名|チャとティーの語源 ここでは、チャ・ティー系統以外の呼び方で、茶を呼ぶ国・民族を紹介します。

茶文化

世界各国の茶の呼び名|チャとティーの語源

茶の木の新芽

今では、世界各国で飲まれている茶。中国で生まれた喫茶の習慣は、世界各地に広がりました。 どのような経路で伝わったかによって、各地域の茶の呼び名は異なります。 大きく2系統「チャ」(cha)と「テー」(te)のグループがあ […]

茶文化

江戸後期の京焼陶工展@東京国立博物館

朱泥急須(岡田久太、江戸時代19世紀)

東京国立博物館で開催している京焼陶工展「江戸後期の京焼陶工―奥田頴川と門下生を中心に」に行ってきました。 京焼とは「京都で作られた陶磁器」のことで、とても広い意味の言葉なのですが、今回は京焼の陶工・奥田頴川とその門下生を […]