\
売茶翁

売茶翁の足跡を辿る|京都編(洛北)

松の木

売茶翁の京都・洛北での売茶翁の足跡を辿ります。江戸時代に出版された名所案内書や「売茶翁茶具図」等から、当時の様子に迫ります。

売茶翁の足跡を辿る

糺の森@左京区

「甘味依然として 世味に非ず 清談 茶熟して 幽玄に到る」(携友遊糺) 

売茶翁は、下鴨神社の境内の糺の森の水を汲み、茶を淹れていました。「携友遊糺」の詩の中で、「洛陽第一泉」(=京都一番の泉)と讃えています。

 糺の森の由来

清風の茶旗

「茶帘(ちゃれん) 掲げ出だす 清風の機(はた) 」(糺森設茶店)

売茶翁は野外で茶席を開く時、松の枝等に「清風」の茶旗(=茶帘をかけ、茶店の目印としていました。木村蒹葭堂の著「売茶翁茶具図」に、売茶翁の茶旗の図が残されています。

「清風」の茶旗(売茶翁茶具図)

「清風」の茶旗(売茶翁茶具図

 

茶道具を持ち運んだ「仙窠」

仙窠(売茶翁茶具図)

仙窠(売茶翁茶具図

「仙窠 題し成す 炉上の文」(糺森設茶店)

「仙窠」(せんか)は、茶道具を入れて運ぶための籃のことです。売茶翁はこの仙窠を天秤棒で担いで各地で出向き、茶を淹れていました。

「売茶翁茶具図」には、「高一尺七寸、方八寸五分 格上間一尺餘、格下五寸」と書かれており、高さ 64.6cm・幅 32.3cm、内部は上部が 約38cm・下部は19cmの大きさだったことが分かります。

江戸時代の糺の納涼床

江戸時代に出版された「都林泉名勝図会」の巻之二には、「河合納涼(糺の納涼)」と題し、糺の森の川辺の絵が描かれています。現在と比べ、川の水量が随分と多い様子が伺えます。

河合納涼(糺納涼)「都林泉名勝図会」

河合納涼(糺納涼)「都林泉名勝図会」(出典:国際日本文化研究センター

糺納凉はみな月十九日より晦日に至るまで、下鴨社頭御手洗川のほとり、神の杜の木陰に茶店を設けて遊宴して炎暑を避るなり。雲井於社の清泉には、甘瓜心太を冷し、御手洗団子は竹串に刺て売る。

上賀茂には申楽ありて林間に笛皷の音さへていと凉し、夏の火と秋の金は火尅金にて相生ぜず、故に厄気を和儺の神事なり、これを夏越の祓といふ。下鴨を御祖神社、上賀茂を別雷神社といふ。

※出典:都林泉名勝図会(著:秋里籬島、絵:佐久間草偃・西村中和・奥文鳴、1799年)

旧暦6月(水無月)の19日~31日の間、下鴨神社の境内を流れる御手洗川(みたらしがわ)のほとりには、茶店が軒を並べていました。冷やしたところてんやみたらし団子が売られ、涼を求める人々が集い、とても賑わっています。

売茶翁 没後二百五十年 記念碑

「茶具を担い 蝸舎を出て 檻泉を択んで 鴨川に遊ぶ」(遊鴨河煮茶)

鴨川にかかる北大路橋の東詰北に、「売茶翁没後二百五十年記念碑」があります。京都府立植物園の近く、枝垂れ桜の名所「半木(なからぎ)の道」の南端です。

売茶翁没後二百五十年記念碑_鴨川の詩

売茶翁の没後250年を記念して、全日本煎茶道連盟によって2013年に建てられました。石碑には売茶翁の「遊鴨河煮茶」の詩が刻まれています。

東岩倉山@左京区

東岩倉 大日山 不動滝「再撰花洛名勝図会 -東山之部-」(1864年)

東岩倉 大日山 不動滝「再撰花洛名勝図会 -東山之部-」(出典:早稲田大学図書館

「遠く翠微に上りて 市塵を出ず 青松 紅樹 自ら天真」(遊東岩倉)

70代後半の頃、売茶翁は東岩倉山に登り、松の緑・木々の紅葉と、自然の美しさを謳っています。

東岩倉山(左京区粟田口大日山町)は、左京区の南東・東山の一角にあります。平安京の造営の際、「山の岩に神は鎮座している」との自然信仰から、京都の四方(東西南北)に岩倉が奉られました。

東岩蔵 真性院は神明宮 左りの山頂にあり、本尊は十一面観音を安置す。むかし王城の四方に経王を蔵むらる。その石蔵の一ツなり。當山の土は陶工に可なり。栗田焼 清水坂の土器等 此地の土を用ゆ。

※出典:京都名所独案内(的場麗水 明治36年)

王城鎮護の「一切経」を埋納した岩倉から「東岩倉山」の名がつき、のちに山頂にあった真言宗の寺院「真性院」の石造大日如来像にちなみ、大日山と呼ばれるようになりました。

かつての藤の名所「真性院」

藤の花

藤の花は日本古来より愛され、万葉集にも歌われています。

東岩倉山の山頂にあった真性院は真言宗のお寺で、売茶翁はこのお寺を訪れるため、東岩倉山に登ったと思われます。

真性院は、江戸時代の京都の名所案内「都名所図絵」で紹介されているお寺で、浮世草子「好色五人女」でも藤の名所として登場しています。

過ぐる年、人の心も浮き立つ春も深まって、「たそがれの藤」と知られる東山 真性院の藤が花盛りとなって、紫の雲のようにたなびくと、見物客がどっと押し寄せたが、夕暮れちかく藤見帰りの人ごみに混じる美女の群れは、東山の上にまた山をきずくように見えた。

※出典:好色五人女(井原西鶴 1686年)

売茶翁が詩を読んだのは紅葉の頃で秋ですから、藤の季節ではありませんが、風光明媚な名所として名高い地であったことが伺えます。

真性院は応仁の乱で焼失してしまったため、現在は残っていません。

羽化登仙の道服「鶴氅衣」

浦上玉堂の描いた売茶翁像

浦上玉堂の描いた売茶翁像「アルス美術叢書 第18編:浦上玉堂」(大正15年)

売茶翁は、「鶴氅衣」(かくしょうい)という、中国風の衣服をまとっていました。鶴氅衣の詳細は、下記ページをご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加