\
煎茶道具・茶器

提籃・茶籠・器局

都藍(売茶翁茶器図)

「提籃」(ていらん)「茶籠」(ちゃかご)「器局」(ききょく)は、どれも煎茶道具一式を収納し、持ち運ぶための道具です。利用する場が異なり、提籃・茶籠は主に野外用、器局は室内用として使われます。

※上部画像は、売茶翁茶器図(木村孔陽 1924 5P)より。

野外に煎茶道具を持ち運ぶための「提籃」

明治時代の煎茶道具一式

明治時代の煎茶道具一式

提籃(ていらん)は、煎茶道具一式を屋外へ持ち運ぶための籠・つづらで、野外の茶席で使われます。中国から渡来した道具の1つで、竹や藤で編まれています。

売茶翁の愛用した「泉石良友」

都藍「泉石良友」(売茶翁茶器図)

都藍「泉石良友」:売茶翁茶器図 (木村孔陽 1924年)

売茶翁の愛用していた提籃(都籃)には、「泉石良友」(百拙禅師 書)という銘が入っています。「泉石」とは、山水の風景のこと。風光明媚な場所で茶を喫し、興趣としていたことが伺えます。

尚、入間市博物館には、売茶翁の提籃を模した器局が収蔵されています。

旅にも向くこぶりな「茶籠」

提籃と同じく、野外に煎茶道具を持ち運ぶものに「茶籠」(ちゃかご)があります。こちらは軽く小振りなため、旅持ち茶器にも向きます。

ちなみに、日本の伝統文様の「籠目文様」は、竹籠の編み目を図案化したもので、六芒星にも見えることから「邪気を祓う魔除け」として用いられています。

野点席で使用されていた茶籠。

室内で煎茶道具を持ち運ぶための「器局」

煎茶斑竹器局(中国清末)

煎茶斑竹器局(中国清末)

器局(ききょく)の「局」は、部屋の意味で「茶器の部屋」ということ。室内で使用するもので、器局手前というお手前もあります。

茶器を持ち運ぶために、上部に取っ手が付いた物がよく見られます。

爐籠「仙窠」(売茶翁茶器図)

爐籠「仙窠」:売茶翁茶器図 (木村孔陽 1924年)

取り外しができる「倹飩蓋」(けんどんぶた)

正面の上下または左右に溝があり、板などをはめ込んでいます。このような様式を「倹飩式」(ケンドン式)と言い、フタを外すことができます。そばの出前で使われる岡持ちも、同じ仕組みのものです。

器局の中に、茶心壺や茶銚が収られています。 (旧儀装飾十六式図譜2巻_19P「煎茶席飾」猪熊浅麿 著、明36.9)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加