催事

2020年8月のイベント

2020年8月の煎茶関連のイベント・催事情報やおすすめの展覧会情報です。新型コロナ・ウィルスの感染防止対策を徹底の上、ご参加ください。また、状況によっては急遽中止なども考えられますから、公式サイトで最新情報をご確認ください。

※画像について:萬福寺のホームページで無料配布されている、魚梆のソーシャル・ディスタンス案内POPです。緑と茶の二種類があり、こちらからダウンロードできます。

東京

特別展「きもの」@東京国立博物館

東京国立博物館

鎌倉時代から現代までの着物が勢揃いする、圧巻の着物展です。1973年の特別展「日本の染織」以来の規模とのこと(トーハクは、世界最大のきものコレクションを有するそうです)。混雑緩和のため、日時指定の事前予約制となっています(ホームページからオンライン予約)。

※写真は、以前を訪れた際、撮影OKとなっていた御所文様の小袖です。

会 期 2020/6/30(火)~8/23(日) 9:30~18:00

※前期:6/30(火)~7/26(日)、後期:7/28(火)~8/23(日)

場 所 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9  東京国立博物館 東洋館
交 通 JR上野駅公園口より徒歩10分
詳 細 https://kimonoten2020.exhibit.jp/

美の競演 ─静嘉堂の名宝─@静嘉堂文庫美術館

国宝「曜変天目」「油滴天目」などの唐物茶碗のほか、古伊万里・清朝陶磁の名品などが展示されます。

会 期 2020/6/27(土) 〜 2020/9/22(火祝) 10:00~16:30(入館は16:00まで)
場 所 〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1
交 通 「二子玉川」駅からバス「静嘉堂文庫」下車、徒歩5分
詳 細 http://seikado.or.jp/exhibition/

大江戸歳時記@すみだ北斎美術館

北斎や門下による、江戸の年中行事を描いた約120展の絵を展示。絵画を通し、当時の文化や日常生活を垣間見ることができます。

会 期 2020/6/30(火) 〜 2020/8/30(日) 9:30~17:30(入館は17:00まで)
場 所 〒130-0014 東京都墨田区亀沢2-7-2
交 通 都営地下鉄大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩5分
JR総武線「両国駅」東口より徒歩9分
都営バス「都営両国駅前」より徒歩5分
詳 細 https://ochanokyoto.jp/event/detail.php?eid=530

京都

僧侶のご案内でめぐる「一日一組 限定」 特別煎茶体験@萬福寺

開梆1日1組限定の特別プラン。煎茶の茶室「有声軒」で、全日本煎茶連盟の加盟員による「特別煎茶体験」をすることができます。また、萬福寺の食事処「黄龍閣」では、黄檗宗の精進料理「普茶料理」も味わえます。

  • 内容:萬福寺の僧侶の案内による、境内拝観(約45分)、通常非公開の「有声軒」にて、特別煎茶体験(約45分)
  • 料金: 3,000円/人(※おとな・こども共) ※拝観料は料金に含まれます。
  • 予約:先着順
  • 申込:京都観光Naviサイトより申込(拝観希望日2日前の17:00受付〆)
会 期 2020/8/4(火)~10/29(木) 10:00~11:30

※火・木曜日のみ(一部除外日あり)

場 所 〒611-0011 京都府宇治市五ケ庄三番割34
交 通 JR奈良線「黄檗駅」下車 徒歩5分、京阪宇治線「黄檗駅」下車 徒歩5分
詳 細 https://select-type.com/rsv/?id=__Jofi2Fw9Y&c_id=113536&w_flg=1

特別展「聖地をたずねてー西国三十三所の信仰と至宝ー」@京都国立博物館

日本最古の巡礼路「西国三十三所」の草創1300年を記念して、特別展が開催されます。今回、寺外での公開は初の「秘仏」など、観音信仰と共に守り伝えられてきた至宝の数々が展示されます。

会 期 2020/7/23(木祝)~9/13(日)  9:30〜18:00(最終入館17:30)
場 所 京都府京都市東山区茶屋町527
交 通 JR京都駅からバスで「博物館・三十三間堂前」下車すぐ
詳 細 https://saikoku2020.jp/

京(みやこ)のくらし──二十四節気を愉しむ@京都国立近代美術館

会 期 2020/7/23(木祝)~9/22(火祝)  9:30~18:00
場 所 京都市左京区岡崎円勝寺町 岡崎公園内
交 通 JR京都駅からバスで「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
詳 細 https://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2020/438.html

隠れたもみじの名所「浄住寺」で特別拝観と坐禅体験@浄住寺

通常非公開の黄檗宗「浄住寺」が、「1日3組限定」で特別公開されます。

※予約は先着順。拝観希望日の2日前17:00受付締切。

  • ご住職による案内で方丈・庭園の特別拝観(約30分)
  • 本堂にて法話と坐禅体験(約45分)
  • 特別御朱印
会 期 2020/8/9(日)・8/15(土)・8/22(土)・8/29(土)・8/30(日) ※9月以降も実施

①10:00~11:30(1組限定) ②13:00~14:30(1組限定) ③15:00~16:30(1組限定)

場 所 〒615-8276 京都府京都市西京区山田開キ町9
交 通 阪急電車「上桂」駅下車、徒歩約10分
京都駅から京都バス73系統「苔寺・すず虫寺」バス停下車、徒歩約5分
詳 細 https://select-type.com/rsv/?id=__Jofi2Fw9Y&c_id=106491&w_flg=1

大阪

特別展「天目―中国黒釉の美」@大阪市立東洋陶磁美術館

中国陶磁の黒釉に焦点を当てた特別展です。国宝「油滴天目」など、唐~金時代までの作品24点を展示。
なお、近現代の作家の天目作品を展示する特集展「現代の天目―伝統と創造」が、同時開催されています。

会 期 2020/6/2~2020/11/8
場 所 〒530-0005大阪市北区中之島1-1-26
交 通 京阪中之島線「なにわ橋駅」1号出口すぐ
詳 細 http://www.moco.or.jp/exhibition/upcoming/?e=563

静岡

浮世絵・蘭字にみるお茶の世界@ふじのくに茶の都ミュージアム

お茶に関する浮世絵の展示会。江戸~明治時代、どのようにお茶が飲まれていたのかを知ることができます。

こちらのミュージアムには、小堀遠州が手掛けた茶室と庭園(復元)があるほか、石臼で抹茶を挽く体験や、茶道の体験講座もあります。

会 期 2020/7/23~2020/10/5(前期:7/23~8/17、後期:8/19~10/5)
場 所 静岡県島田市金谷富士見町3053-2
交 通 東名高速道路「相良牧之原IC」から車で約10分
詳 細 https://tea-museum.jp/event/ukiyoe.html

宮城

京焼 加藤清昌展~装飾茶器の世界~@仙台藤崎

京焼 加藤清昌展 ~ 装飾茶器の世界 ~

京都は東山泉湧寺に工房を構える、加藤清昌(せいしょう)さんの仙台初個展。8/23(土)~24(日)は、ご本人が在廊しています。

東北で、煎茶道具のイベント開催はとても珍しいので、必見です。

会 期 2020/8/20(木)~8/25(火)10:00~19:00
場 所 〒980-8652 仙台市青葉区一番町三丁目2番17号 藤崎本館6階 美術ギャラリー
交 通 地下鉄東西線「青葉通一番町」駅より直結
詳 細 https://www.yamanaka-gato.com/page/52

GIGA・MANGA—江戸戯画から近代漫画へ@東北歴史博物館

江戸から近代までのマンガの変遷を辿る特別展。

江戸時代の鳥羽絵に始まり、葛飾北斎や歌川国芳、河鍋暁斎などの浮世絵、芸術ではなく、大衆に向けた風刺や娯楽画、近代ジャーナリズムの漫画新聞などを公開。芸術or大衆娯楽の線引で、戯画の影響と歴史のつながりが見えにくかった日本のマンガの歴史が、一気通貫で理解できます。

会 期 2020/7/4(土)~9/6(日)9:30~17:00
場 所 宮城県仙台市青葉区一番町三丁目2番17号
交 通 東西線「青葉通一番町駅」直結
詳 細 https://www.thm.pref.miyagi.jp/

長野

染付 うつわに広がる青の世界@サンリツ服部美術館

会 期 2020/6/14(日)~9/22(火祝)9:30~16:30
場 所 〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り2-1-1
交 通 上諏訪駅より徒歩で15分
詳 細 http://www.sunritz-hattori-museum.or.jp/schedule/main.html

埼玉

盆栽・めぐる四季コレクション名品展@大宮盆栽美術館

春夏秋冬、テーマを変えて展示される盆栽展です。盆栽の床の間飾りは週替わり、8月は盆器や水石の名品が展示されます。

会 期 2020/5/29(金)~11/14(水)9:30~16:30(11月~2月は16:00まで)
場 所 〒331-0804 埼玉県さいたま市北区土呂町2-24-3
交 通 JR宇都宮線「土呂駅」より徒歩5分
詳 細 https://www.bonsai-art-museum.jp/ja/exhibition/exhibition-4111/

熊本

我谷盆と煎茶のうつわ 森口信一 稲澤隆生 二人展@島田美術館

木工作家の森口信一さんと、煎茶工芸作家の稲澤隆生さんの二人展。急須や使いやすい小振りの涼炉、我谷盆など、煎茶道具の展示会です。を会期中、煎茶席と我谷盆ワークショップも開催。

  • 煎茶席「一煎いただきます」:お茶代500円(会期中随時)
  • 木工ワークショップ「我谷盆をつくろう」:参加費4,400円(木のけむりランチ付き)
    • 8/29(土)10:30~16:00 定員:6名 要予約
    • かつて石川県の我谷村で作られていた、素朴なクリのお盆「我谷盆」を作ります。
会 期 2020/8/27(木)~8/30(日)※無料
場 所 熊本市西区島崎4-5-28
交 通 JR熊本駅より車で8分
詳 細 http://shimada-museum.net/gallery/2269