\
催事

2018年8月のイベント

水蓮鉢

2018年8月の煎茶関連のイベント・催事情報や、今月のおすすめの展覧会情報です。

東京

水を描く|広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお@山種美術館

水を描く―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお―@山種美術館

海・川・滝・雨など、水を描いた絵画の展覧会。江戸時代の浮世絵から近現代の日本画まで、涼を感じられる日本美術の名品が展示されます。

会 期 2018/7/14(土)~9/6(木)10:00-17:00 ※月曜休館
場 所 〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36
交 通 JR「恵比寿」駅西口日比谷線「恵比寿」駅 2番出口より徒歩約10分
詳 細 http://www.yamatane-museum.jp/exh/2018/mizu.html

書物工芸-柳宗悦の蒐集と創造-@日本民藝館

書物工芸@日本民藝館

柳宗悦が蒐集した、古典籍コレクションの展覧会。私版本・装幀、雑誌「工藝」、室町~江戸時代の挿絵本、浄土教聖教・仏書などが展示されます。

会 期 2018/7/3(火)~9/2(日)10:00-17:00(金曜は19時まで開館 )
場 所 〒153-0041 東京都目黒区駒場4丁目3番33号
交 通 京王井の頭線「駒場東大前駅」西口から徒歩7分
詳 細 http://www.mingeikan.or.jp/events/

没後50年 河井寬次郎展@パナソニック汐留ミュージアム

没後50年_河井寬次郎展

会 期 2018/7/7(土)~9/16(日)10:00-18:00 
※休館:水曜、8/13(月)~8/ 15(水)
場 所 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F
交 通 東京メトロ銀座線・都営浅草線「新橋駅」徒歩約6分
都営大江戸線「汐留駅」徒歩約5分
詳 細 https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/18/180707/index.html

京都

嘯く茶会@京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

  • 席主:田村友一郎
  • 出演:田茂井廣道(能楽観世流シテ方)、曽和鼓堂(能楽幸流小鼓方)
  • 定員:30名(要事前申込)
  • 料金:500円(茶菓子代・茶会参加者のみ)
  • ※見学のみの場合は無料・申込不要(人数により入場制限の可能性あり)
会 期 2018/8/4(土)17:00、8/18(土)①14:00 ②16:00
場 所  〒604-0052 京都市中京区押油小路町238-1
交 通 地下鉄「二条城前」駅(2番出口)より歩約3分
詳 細 http://gallery.kcua.ac.jp/events/20180804_id=14926

滋賀

茶道と煎茶道の器@たねや美濠美術館

和菓子屋のたねやが2003年9月に開館した、彦根藩・湖東焼専門の「たねや美濠(みほり)美術館」。

年数回展示替えが行われ、今季は煎茶道具の展示会が行われています。

会 期 2018/5/25(金)~9月下旬(予定) 10:00~17:00
場 所  〒522-0064 滋賀県彦根市本町1丁目2-33「たねや彦根美濠の舍」内)
交 通 JR「彦根駅」よりタクシーで約4分、徒歩で約14分
詳 細 https://taneya.jp/shop/shiga_mihori_museum.html

愛知

急須でお茶を 宜興・常滑・香味甘美@ INAXライブミュージアム

急須でお茶を_宜興・常滑・香味甘

中国・宜興の紫砂茶壺、日本の常滑焼の朱泥急須を中心に、急須の魅力に迫る展示会。関連書籍 「急須でお茶を―宜興・常滑・香味甘美 (かみかんび)」 も6/20に発売予定。

中国・宜興窯の急須

  • 紫泥茶銚(孟臣銘、萬豊順記形、清時代)
  • 六倫壺(中国工芸美術大師・周桂珍、現代[宜興陶瓷博物館蔵])
  • 万裏茶道・彩陶紫砂壺(中国陶磁芸術大師・邱玉林、現代[宜興陶瓷博物館蔵])

日本・常滑焼の急須

  • 白釉茶銚(三代清風与平、明治時代)
  • 朱泥菊型急須(京都 初代杉江寿門、明治時代、常滑)
  • 色絵母子鶏茶銚(掘友直、万古、明治時代)
  • 朱泥茶銚(初代山田常山、大正時代末期、常滑)
会 期 2018/4/21(土)~9/25(火)10:00-17:00 ※水曜休館
場 所 〒479-8586 愛知県常滑市奥栄町1-130 INAXライブミュージアム「土・どろんこ館」企画展示室 
交 通 名鉄線「常滑駅」または中部国際空港より、知多バス「知多半田駅」行き「INAXライブミュージアム前」下車徒歩2分
詳 細 http://www.livingculture.lixil/topics/ilm/clayworks/exhibition/-tea-served-in-a-kyusu–yixing-tokoname-sweet-aroma-flavor/

佐賀

フォーラム「茶・藝・道-売茶翁と現代ストリート文化-」@佐賀大学

フォーラム茶・藝・道-売茶翁と現代ストリート文化

佐賀大学の芸術地域デザイン学部が行っている、売茶翁をテーマにしたアートプロジェクト。

売茶翁の活動や思想を、現代のアートプロジェクトにどのように活用するかを探る、フォーラムが開催されます。参加無料。

フォーラムの内容

  • 黄檗宗と美術       :福岡市美術館館長 錦織亮介
  • 美術史における売茶翁の足跡:美術史家 狩野博幸
  • 禅の教えと茶の哲学    :長崎国際大学 副学長 人間社会学部 教授 木村勝彦
  • ストリートの表現者たち  :東京藝術大学大学院 国際芸術創造研究科 教授 毛利嘉孝
  • 日常にアートを探る    :オレクトロニカ(美術ユニット/加藤亮+児玉順平 )
会 期 2018/8/18(土) 13:30~17:00
場 所 〒840-8502 佐賀市本庄町1番地 佐賀大学 本庄キャンパス 理工学部6号館1F 大講義室
交 通 佐賀駅からバスで約15分、タクシーで約10分
詳 細 https://sma.art.saga-u.ac.jp/program/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加