\
催事

5.26[土] 浄住寺 四季の茶会「春」@京都

煎茶道_黄檗売茶流_茶会
新緑の美しい青葉の季節。来る2018年5月26日、京都の浄住寺で、黄檗売茶流の煎茶会が行われます。
私の煎茶道の先生が席主をなさいますので、お茶会をご案内します。
 

四季の茶会「春」@浄住寺

新緑

浄住寺の素晴らしい庭を観賞しながら、煎茶を頂けます。

予約不要で気軽に参加でき、正座ではなく、椅子に座って煎茶をお楽しみ頂けるので、海外の方にもおすすめです。

黄檗売茶流  四季の茶会「春」概要

  • 茶席の定員:1席15名(約30分)
  • 席主   :煎茶道 黄檗売茶流 唐木岱仙
  • 参加方法 :予約不要で、お客様の来た順番に受付してお茶席に入ってもらいます。
茶会日時  2018/5/26[土] 11:00~16:00(最終受付15:30)※予約不要
お茶券代  1,000円(お菓子付き)
茶会会場 葉室山 浄住寺(〒615-8276 京都市西京区山田開キ町9)
交通

京都バス73「苔寺・すず虫寺」バス停から徒歩5分
阪急電車 嵐山線「上桂駅」から徒歩約10分

問い合わせ 06-6318-5401( 唐木岱仙
詳細 https://kanko.city.kyoto.lg.jp/eventdetail.php?event_tab=event&eventid=3748&year=2018&month=5
 

黄檗宗 葉室山 浄住寺について

お茶会の会場となる葉室山 浄住寺(じょうじゅうじ)は、嵯峨天皇の勅願寺として810年に開創、公家の葉室家の菩提寺で、京都市西京区にある黄檗宗の古刹です。

葉室山 浄住寺

葉室山 浄住寺は禅宗にして、黄檗派なり。本尊は如意輪観音。〔坐像七寸〕

天竺仏にして鉄牛和尚感得の尊像なり。いにしへの開基は興聖菩薩。

もと此所は葉室中納言 定然寺を建て閑居し給ふ。〔年ふりて寺廃す、元禄二年鉄牛和尚再興して禅刹となさしむ〕

※出典:都名所図会|巻之四 右白虎再刻(秋里籬島 著、竹原春朝斎 画、1780年)

元々は真言律宗の寺院でしたが、江戸時代に鉄牛和尚により再建され、黄檗宗のお寺となりました。鎌倉時代には、天皇家相伝の「仏牙」(仏陀の歯)が舎利殿に収められていたと言います。

紅葉の名所

浄住寺は、苔寺こと西芳寺(※要事前予約)、鈴虫寺の華厳寺などがある洛西の上桂エリアにあります。竹の寺こと地蔵院の南に位置しています。

近年まで非公開でしたが、2017年、京都市観光協会主催「秋の特別公開 2017」により、錦秋の季節に特別拝観が行われました。参道に紅葉のトンネルが続く紅葉の名所で、紅葉の名所は新緑の名所でもあります。また、東方丈は伊達家の武家屋敷で、約300年前に仙台藩4代藩主・伊達綱村から寄進されたものです。

基本的に非公開の寺院ですが、貸切拝観(※要予約)や月に数回の特別公開を行っています。また、浄住寺では和の心を学ぶ様々な催しや、WEBメディア「和の素敵」を運営するなど、開かれたお寺として活動をしています。

  • 黄檗宗 葉室山 浄住寺
  • 住所:〒615-8276 京都府京都市西京区山田開キ町9

今後の浄住寺での茶会予定

2018年、春夏秋冬と四季を通じて、浄住寺でお茶会を予定しています。
 
2018/ 07/28(土) 四季の茶会「夏」
2018/ 10/20(土) 四季の茶会「秋」
 2018/12月上旬(仮) 四季の茶会「冬」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加