\
煎茶道具・茶器

国立故宮博物院に見る茶器(1)茶銚

茶銚(国立故宮博物院)

世界四大博物館の1つ、台湾にある「国立故宮博物院」。約69万点の品を収蔵し、定期的に展示の入替をするので、すべてを見るためには10年以上かかると言われています

以前は撮影禁止でしたが、2016/12/2より館内での写真撮影&ビデオ撮影が許可(※)されました。中国美術の品々から、茶銚(中国茶壺)に関するものを紹介します。

※フラッシュ・撮影用照明機材・三脚・自撮り棒は使用禁止。詳しくは、国立故宮博物院のページを参照。

磁器の茶銚

琺瑯彩 青山水把壺(清 雍正帝 1723-1735)

Teapot with blue landscape in falangcai polychrome enamels (Qing dynasty, Yongzheng reign 1723-1735)

 

粉彩 龍紋茶壺 (清 光緒帝 1875-1908)

 

琺瑯彩 瓷喜報雙安把壺 (清 雍正帝 1723-1735)

Pot with two quails in falangcai painted enamels( Qing dynasty, Yongzheng reign 1723-1735)

 

甜白 三繫竹節把壺(明 永樂帝 1403-1424)

Teapot with three-knots and bamboo-shaped handle in sweet-white glaze, Ming dynasty, Yongle reign (1403-1424)

 

青花 鳳凰紋 三繫茶壺(明 永樂帝 1403-1424)

Teapot in underglaze blue with phoenixes decor, Ming dynasty, Yongle reign (1403-1424)

 

花 開光御製 詩文茶壺(清 嘉慶帝 1796-1820)

Teapot in underglaze blue with imperial poems decoration, Qing reign (1796-1820)

 

紅花描金茶壺(清 乾隆帝 1736-1795)

 

藍地粉彩 花卉茶壺(清 乾隆帝 1736-1795)

 

綠地 粉彩 番蓮茶壺(清 乾隆帝 1736-1795)

陶器の茶銚

「孟臣」款紫砂茶壺(清 1644-1911)

Red bodied teapot with Meng-Chen mark(Qing Dynasty)

 

宜興胎 琺瑯彩 花式茶壺 (清 康熙帝 1662-1722)

玉の茶銚

玉小茶壺(清 1644-1911)

 

青玉雕詩茶壺 (清 1644-1911)

 

白玉茶壺(清 1644-1911)

収蔵品画像の無料公開について

故宮博物院では、収蔵品の画像データ(約7万点以上)を Open Data photo-sharing initiativeで無料公開しています。詳細は以下をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加