\
煎茶道具・茶器

茶心壷・茶壺・茶入

茶心壺

「茶心壷」(ちゃしんこ)は、茶葉を入れる容器です。茶道では茶入と呼びますが、煎茶道では、茶心壷のほか、「茶壺」(ちゃこ)「葉茶器」(はちゃき)「茶貯」(ちゃちょ)「建城」(けんじょう)などと呼びます。

また、中国茶の世界では、茶壺と言えば急須のこと。全く別の物なので、注意が必要です。

茶心壺の素材

白地五彩紅龍瓶白地五彩紅龍瓶(国立故宮博物院 蔵)

白地五彩紅龍瓶(清代 康熙款、国立故宮博物院 蔵)

素材は錫(すず)や陶磁器が多く、木製やガラスなどもあります。文人趣味の世界においては、古びて風格のある古錫の茶心壺は珍重されています。

硝子の茶心壺

茶心壺の形

白磁蓮弁有蓋茶壺(中国 北宋時代 東京国立博物館 蔵)

白磁蓮弁有蓋茶壺(中国 北宋時代 東京国立博物館 蔵)

一般的な壺の形のほか、胴体の形により様々な種類があります。中には、茶心壺の底に足がついているものもあります。

四方式 胴体が四角形
六角式 胴体が六角形
圓式(円式) 胴体が丸い円形
風字式 胴体の中央が張り出した形
文銅式 胴体の中央がへこんでいる形
茄子式 胴体が茄子の形
扇面式 胴体が扇形。複数個で円形になる
木瓜式 木瓜は、御帳や御簾に張る帽額(もこう)の紋にちなむと言われる
亜字式 胴体の四隅を直角に削った形

壺形の茶心壺

茶心壺
 
南京生花茶壺(売茶翁茶器図)

南京生花茶壺(売茶翁茶器図(木村孔陽 1924年)。白地に青い文様で絵付けが施された、中国陶磁の青花。

四方式の茶心壺

亜字式の茶心壺

亜字式載せる茶心壺

亜字式の茶心壺は、胴体の四隅を直角に削った、「亜」の字の形をしています。

染付詩文四方茶壷

染付詩文四方茶壷(江戸時代、青木木米、東京国立博物館蔵)

六角式の茶心壺

六角式茶心壺

圓式の茶心壺

円式茶心壺

茄子式の茶心壺

硝子製の茄子式茶入。 アール・ヌーヴォーの葡萄文様

硝子製の茄子式茶入。 アール・ヌーヴォーの葡萄文様

筒形の茶心壺

青花竹葉紋茶葉罐(清 康熙帝時代、国立故宮博物院 蔵)

青花竹葉紋 茶葉罐(清 康熙帝時代、国立故宮博物院 蔵)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加