\
煎茶道具・茶器

茶銚・急須・急尾焼・茗瓶・茶瓶

茶銚

煎茶道で使われる急須は、一般に家庭で使われる急須より小さく、手のひらサイズのものを使用します。また、煎茶道の流派によって、様々な呼称があり、流派が異なると、どのお道具のことか戸惑うくらいです。

 

茶銚の材質

紫砂の茶銚(国立故宮博物院)

国立故宮博物院の所蔵品「孟臣」。清の時代の紫砂茶壺。

横手の急須に対し、「後手」(注ぎ口と持ち手が一直線上にある茶器。ティーポット型)の茶器を、「茶銚」(ちゃちょう)と呼びます。

「急尾焼」(きびしょう)「茶瓶」(ちゃへい)「茗瓶」(みょうへい)「茶壺」(ちゃこ)「湯銚」(とうちょう)など、様々な呼び名があります。

煎茶道具の中でも重要なものであり、古来数々の名品があります。対のものは、「双急須」と言います。焼き締めの物の他、磁器のものも使用されます。大きさは、手乗りサイズのこぶりなサイズです。

文人趣味においては中国伝来のものが尊ばれ、「紫泥」(しでい)「朱泥」(しゅでい)の中国の茶壺(中国では紫砂茶壺と言う)が最も良いと言われています。

国立故宮博物院の所蔵品「清 雍正帝 琺瑯彩藍料山水把壺」。絵付けが美しい磁器の茶銚。

材質による味の違い

食品分析開発センターより、「急須の材質によって味が変わる」という研究結果が出ています。

磁器やガラスは味に影響を与えませんが、「焼き締めの急須は渋味が減り、うま味が増える」そうなので、好みや使用する茶葉により、使う茶器を変えるのも一興です。

茶銚の形

静嘉堂所蔵の茶銚「荊渓八仙」(ポストカードより)。

茶銚の胴体の形状によって、様々な名前がつけられています。「宝珠式」は、中国では梨式と呼ばれています。

円珠式 蓋をした姿が珠の形。蓋と胴体に一体感がある
宝珠式 胴体の中央に膨らみがあり、上部がすぼんた形
方式 胴体が四角。蓋や持ち手も四角い物もある
平式(ひらしき) 背が低く、胴体が平な形
六角式 胴体が六角形
壺式 胴体の中央に膨らみがある形
茄子式 胴体の下に膨らみがある形
俱輪珠(ぐりんだま) 盛り蓋がつき、直線の注ぎ口(鉄砲口と言う)が特徴
花式(かしき) 花を模した形。菊花式、葵花式、水仙花式など、様々なものがある

壺式の茶銚

朱泥急須(江戸時代、岡田久田太、東京国立博物館蔵)

朱泥急須(江戸時代、岡田久田太、東京国立博物館蔵)

藍地粉彩花卉茶壺清 高宗時代 国立故宮博物院 蔵)

藍地 粉彩花卉 茶壺(清 高宗時代 国立故宮博物院 蔵)

青花嬰戲圖茶壺(清 雍正時代 国立故宮博物院 蔵)

青花 嬰戲圖 茶壺(清 雍正時代 国立故宮博物院 蔵)

 描紅荷露烹茶詩茶壺(清 乾隆帝時代 国立故宮博物院 蔵)

描紅荷露 烹茶詩茶壺(清 乾隆帝時代 国立故宮博物院 蔵)

四方式の茶銚

粉彩番蓮紋藍地方壺(清 乾隆帝時代 国立故宮博物院 蔵)

粉彩番蓮紋藍地方壺(清 乾隆帝時代 国立故宮博物院 蔵)

急須・急尾焼(横手)

色絵急須

色絵急須(江戸時代、道八左平合、東京国立博物館蔵)

色絵花鳥文急須(江戸時代、尾形周平)

色絵花鳥文急須(江戸時代、尾形周平、東京国立博物館蔵)

黄釉荒磯浮文急須(江戸時代、青木木米)

黄釉荒磯浮文急須(江戸時代、青木木米、東京国立博物館研究情報アーカイブス)

関連書籍

  

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加