京都

売茶翁

売茶翁の足跡を辿る|京都編(洛西)

桜の花

売茶翁の京都・洛西での売茶翁の足跡を辿ります。 売茶翁の足跡を辿る 売茶翁の足跡を辿る|京都編(洛北) 売茶翁の足跡を辿る|京都編(洛南) 売茶翁の足跡を辿る|京都編(洛西) 売茶翁の足跡を辿る|京都編(洛東) 売茶翁の […]

売茶翁

売茶翁の足跡を辿る|京都編(洛北)

松の木

売茶翁の京都・洛北での売茶翁の足跡を辿ります。江戸時代に出版された名所案内書や「売茶翁茶具図」等から、当時の様子に迫ります。 売茶翁の足跡を辿る 売茶翁の足跡を辿る|京都編(洛北) 売茶翁の足跡を辿る|京都編(洛南) 売 […]

売茶翁

売茶翁の足跡を辿る|京都編(洛南)

楓の紅葉

売茶翁は1734年頃から京都で売茶生活を始め、「泉石良友」と書かれた籠で茶道具一式を持ち運び、禅を説きながら茶を振舞いました。 「茶銭は黄金百鎰より半文銭までくれ次第。ただにて飲むも勝手なり。ただよりほかはまけ申さず」と […]

煎茶道

京都で煎茶道体験できる場所

玉露

京都で、気軽に煎茶道の体験ができる場所をまとめました。 「煎茶道の雰囲気を味わってみたい」「京都に行くから、普段できない体験がしたい」「稽古場の体験入門は敷居が高いから…」という方におすすめです。ご参考になさってください […]

煎茶道

隠元禅師の愛用した茶器とは?

隠元茶缶

1654年(江戸初期)に中国・明より来日した隠元禅師は、中国から茶罐(ちゃかん)という茶器を持参していました。 隠元禅師のお茶の淹れ方は、沸騰した湯の中に茶葉を入れる方法で、当時の中国で行われていた「唐茶」と呼ばれる飲み […]