\
稽古録

煎茶稽古|2018年長月

百日紅の花@北鎌倉 宝庵

葉も所々黄色くなり、百日紅の花が名残惜しげに咲いている。散った花びらが蜘蛛の巣にかかり、宙に浮いているかのよう。 9月と言えど残暑厳しく、強い日差しに日傘がまだ手放せない。

文人趣味

文人趣味の書院「小蘭亭」|北大路魯山人の装飾美

滋賀県長浜市に、北大路魯山人が内装を手掛けた書院がある。 その名は、「小蘭亭」(しょうらんてい)。近江商人・安藤家屋敷の離れにあり、食客として招かれていた魯山人は、小蘭亭に居住しながら「天井絵・篆刻額・篆刻扉・襖・障子・ […]

貸し茶室

神奈川県で借りられる貸し茶室

煎茶道のお茶会やお稽古・イベントに、神奈川県内で借りることができる「貸し茶室」をまとめました。 東京都内の貸し茶室についてはこちら>東京都内で借りられる貸し茶室(公共施設) ※記載の内容は、リサーチ時点の情報です。その後 […]

催事

2018年10月のイベント

群仙図屏風(横山華山 江戸時代)

2018年10月の煎茶関連のイベント・催事情報や、今月のおすすめの展覧会情報です。 写真の絵は「群仙図屏風」(横山華山 筆、 江戸時代)(東京国立博物館 所蔵。撮影OKで展示されていた時のもの)。龍を見上げる仙人達に、右 […]

稽古録

煎茶稽古|2018年葉月

逗子の和菓子屋「こよみ」の季節の和菓子

立秋を過ぎ、残暑厳しく浴衣でお稽古に。 道すがら、蝉の抜け殻がちらほら、そして紫陽花。真ん丸のつぼみに、ガクアジサイのような花。つぼみの形から、玉紫陽花(タマアジサイ)というそう。

煎茶道具・茶器

如意

如意

「如意 」( にょい )は、僧が読経・説法のときに持つ道具で、煎茶道では茶席の席飾りとして用いられます。 孫の手の形をし、先端をわらび形に巻き曲げた形状をしています。「爪杖」(そうじょう)とも呼びます。

茶会記録

浴衣茶会 2018@妙深庵

煎茶席

世田谷某所にあるお茶室「妙深庵」にて、煎茶と抹茶の2つの茶席を楽しめる「浴衣茶会」が開催されました。各席、趣向を凝らした夏の設えと美味しいお茶を頂きました。

稽古録

煎茶稽古|2018年文月

宝庵の茶室_常安軒

連日、厳しい猛暑が続き、じりじりと灼けるような日差し。 京都の祇園祭の「花笠巡行」は、酷暑により異例の中止に。日本救急医学会からは「熱中症予防に関する緊急提言」が発表されている。 頭がぼおっとするような熱気の中、蛙に代わ […]